ほったらかし

私は仕事だから描きますというタイプなので、
実はそれほど、絵を描くのが好きじゃない。

自分に浸って描くよりも、
誰かのために、の傾向らしいのです。

絵の仕事が入ってないときは、
自主的には絵を描こうとしません。

それでもたまに、ぽかっと
「描くかな」と思いつくことがあって、

ざっくりのラフは描いたけど、ほったらかし。
そういうことは、よくあります。

古事記を一回やりたいねーと思うのです。

海彦、山彦だったっけ?
釣り針と弓矢だったかを、交換するってやつ。

どちらも魚や動物にとっては、怖ろしい道具です。

その道具を、気まぐれに取り替えてみたらば、
持ち主にとっても、トラブルの種になってしまった。という話。

あー、とうとう交換しちゃったね。これはなにか起きるぞ。

という、あの緊張感をやりたいねーと。

でも、今すぐ描かないといけないものがあるので。

昨日くらいから、プレスリーを聴き始めました。
そういう傾向のを描かないといけないので。

プレスリーで、明治だか大正だかの建物を描く。
さあ、どうなっちゃうんでしょう。