絶妙の長ネギ

自宅から二番目に近いスーパーマーケット。
そこでないと買えない野菜があります。

うーんと長い長ネギなので、レジに持っていくと、
レジのお姉さんが困り顔になるというか、
当惑するというか…

スーパーで一番大きい袋の高さの二倍以上、
長ネギの長さがあるからです。

一升瓶用の長い袋があったとしても、
まだまだ余ることでしょう。

昨日もお姉さんが、やっぱり困り顔で、
「袋はおつけしますか?」

私がお願いしたので、
お姉さんは長ネギを袋に入れてくれました。

長さの途中までしか入りませんが、
自転車のカゴに入れていくには、その方がいいのです。

この長ネギがからむと、いつもなんだか、
レジがみょーな空気になります。

そうであろうとも買いたい!というくらい、
美味しい長ネギなのです。

ちゃんと辛いのに、辛すぎない。絶妙です。

でも、その長ネギをおいているのは、
その辺りでは、そのお店しかないのです。

「これが買いたいばかりに来てます」
べつにお世辞ではありません。

お姉さんが、すっごい喜んでくれました。