時をかけるパソコン少年

通信制の美術学校、卒業見込みになりました。

ついさっき、教科書を全部、
ロフトに上げてもさしつかえないんだと気づいて、
本当に終わったんだなあと、身にしみたとこです。

専用の定規類も、ちょっとお休み。
しばらく使うことはないでしょう。

というか、最終戦ぶっ飛ばして描いたので、
急ぎの用件でも入らなければ、絵は少し休みたい。

文章の仕事のほうが、立て続けに入ってるし。
タイピングしてもしても追いつかない。
パソコン少年の私としては、嬉しい悲鳴です。

パソコン少年の出てくる映画、
久しぶりに引っ張り出して、観たくなる。

…ほんとに、DVD出そうかしら。

時をかけて、東京大空襲から戦国武将までも
渡り歩く物語です。黒澤映画風。

映画館に観にいったとき、
映画館が、おまけでその映画のセル画をくれました。
(すごく昔は、そういうことがあったのです)

こんな脇役のセル画、要らないと思ったのですが。

そのパソコン少年のセル画は、
なぜか今も、自宅にいてくれます。