ふと思い出す

3歳になってすぐにエレクトーンを習い始めた私。
先に始めていた兄の影響も大きいですが、楽しくレッスンに通っていました。
幼稚園の時、演劇や歌の発表会があり、
私は、ピアノを担当するように言われました。
エレクトーンはどちらかというと、触ればだれでも音が出ますが、
ピアノは鍵盤をたたく感じなので、大きな音が出せなかったのをよく覚えています。
小学生時代も、音楽会の時歌も合奏も私は6年間ずっとピアノ担当でした。
自分からやりたいと言ったことは一度もありません。
ピアノやエレクトーンを習っている同級生の中から、音楽の先生や担任が勝手に決めるのです。
私からしたら、ピアノを習っている友達のほうが上手と本気で思っていたので、
4年生の時に一度だけ拒否したことがありました(笑)。
他の楽器は、やりたいという気持ちを尊重して決められていたのに、
なぜか私は、私の気持ちを無視されていつもピアノなのです。
ピアノを習っている友達からしたら、
なんで?と思うでしょうね。
現在私の息子は小学3年生。
去年の音楽会で歌と合奏の両方ピアノでした。
息子は、ピアノが好きだからラッキー・・と言っていますが、
もしかしたらこれから先卒業まで、音楽会で息子の歌声を聴けないかもしれません。
ふと、自分の子供のころと重ねてしまいます。