パンパース

明日は一日中雨みたいですよ!!久しぶりに一日中雨ですね。洗濯物は今日一通りやりました。でも毎日のように漏れるウンチをする娘によって洗濯物が増えるんですよねえ。しょうがないですけどね。パンパースは小っちゃいのかおしりが半分出ちゃうんですよ。なのでウンチが漏れるんだと思います。娘の同じ月齢の子もパンパースを使っているんですけど、その子も漏れるって言ってました。そのママから違うオムツをもらったんですけどお尻がスッポリ隠れてこれだったら漏れないなって感じがしました。娘が産まれてからパンパース一筋だったんですけど、違うメーカーのも試してみるかっていう気持ちになりましたね。こんなにメーカーによって作りが違うとは知りませんでしたよ!!でもまだまだパンパースのストックがあるので当分パンパ―スですね(笑)パンパースは性能がいいのかウンチをしても気持ちがらないんですよ、娘が。いいのか悪いのか分かりませんがね(笑)

カタカナ架空名前

マンガやら小説やら、他のものでもいろいろ、
カタカナを並べただけの、架空の名前とか地名とか、
いっぱい出てきます。

カタカナ架空名前は二種類あって、
このあたりの国籍を想定してるのかな。というのと、

全くの無国籍、そのネーミングにしかない
音・響き・文字数・リズムを持ったもの。

どこの国にもない、
聞いたこともない響きのネーミングのほうが、
ネーミングした人の「普段」が伝わってくる気がします。

短歌や俳句をやったことがあるか。
どういうCDを聴いているか、いないか。
日ごろ、どんな本を読んでるか。

その人がどんな「言葉の響き」に囲まれて生活してるか、
カタカナだけの文字数と響きだけが頼りみたいな
ネーミングのほうが判ります。

ふだんこういう音に囲まれてるんだねって。

短歌や俳句の方法論がすごいらしいのですが、
どういう方法論なのか知りたかったのですが、
どんな本に書いてあるのか判らない。

語尾の最後の一文字をこれにすると、
これは鼻から抜けていく音なので、こういう効果がある。

その種のことを、かな文字すべてについて、
研究してるらしいのです。